コクチョウ クチバシが真っ赤で体が黒いオーストラリア生息の白鳥の仲間


Black Swan

クチバシが赤く羽の先が白い以外は、全身が黒い白鳥の仲間コクチョウ(Black Swan)の
紹介ページです。コクチョウは湖などの水辺で大きな群れを作り生活をしています。
卵を産む時期には水辺の浅い場所などに草を積み上げた巣を作ります。40日間程度卵を
あたためるとヒナがかえりあたためるのはメスだけでなくオスも卵をあたためます。
ヒナのうちは両親と違って明るい灰色をしており、成長ととともに黒い羽に生え変わり
クチバシも赤くなっていきます。生息地はオーストラリアやタスマニアですが、稀に日本で
飼育されていたコクチョウが逃げて、どこかの湖や沼で見かけられることもしばしばあります。
体の大きさは100センチから150センチ程度、種族はカモ科でメスは出産時一度に4個から6個の
卵を産みます。

Black Swan

Black Swan

Black Swan

black swan

Black Swan

Black Swan

YouTube Preview Image
YouTube Preview Image